「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大胆で、魅力的!

ミロコマチコ展 「たいようとわたし」 はじまりました~!
b0219235_2045301.jpg

にぎやかです!上からは鳥さんが舞っております!
b0219235_2046119.jpg


ダイナミックで勢いのある線で描かれたミロコさんの作品は、
インパクトが大きく、力強い。とても印象的だなぁ、と感じます。

展示した絵をみると、やっぱりすごくいきいきとしていて、みる人にもそれが伝わるのですね。
根強いミロコさんファンがはるばる四日市へも足をのばしてやって来てくれます。

動物はもちろん、今回は、植物をモチーフとした作品も多くあります。
赤色をミロコさんらしくかっこよく使っているのも、魅力的ですよ!

また、ひとつひとつ手描きのオリジナルガラスコップ!
こちらは限定商品ですので、お早目に!!
b0219235_20482228.jpg


コースターや、ハンドタオルなどかわいいグッズも充実しています!
b0219235_20483958.jpg



会期は~6/10(水)まで
10:00~19:00(最終日は17:00) 火・休


(ミズカミ)
[PR]
by merry-events | 2015-05-25 20:57 | Tea room

祝!産経児童出版文化賞大賞 受賞!!

このたび、作家の岩瀬成子さんが、『きみは知らないほうがいい』で、第62回産経児童出版文化賞大賞を受賞されました! 昨年の、野間児童文芸賞受賞に続いての受賞、本当におめでとうございます!!
小中学生の揺れ動く心を鋭く描く、岩瀬さん。傷つきやすくて、ときに攻撃的で、大人が思うより、ずっといろんなことを分かっている。そんな子どもたちの、言葉にするには難しい、いろんな感情をすくいとるように、それは見事に描いあるのです。物語の中の子どもたちが、自分の子ども時代と重なるようで、読み終わった後、子どものころの自分を抱きしめてあげたいような気持ちに何度なったかわかりません。
もしかすると、今の子どもたちは、私たちが子どもだったころより、いろんなことが複雑でもっと生きづらいかもしれません。でも、だからこそ、岩瀬さんの書いた本をたくさんの子どもたちに読んでほしい。そして、子どもだったころをすっかり忘れてしまっている大人たちにも読んでほしいのです。
6/21(日)には、岩瀬さんにメリーゴーランドへお越しいただきます。なんてうれしいタイミングなんでしょう!ぜひ、聞きにいらしてください!
(さかした)
b0219235_1648212.jpg

[PR]
by merry-events | 2015-05-16 16:55 | Event

あべ弘士、宮沢賢治を語る

来週24日(日)のレクチャーは、絵本作家のあべ弘士さんをお迎えします。
2月に出版された『宮沢賢治「旭川。」より』は、あべさんの新境地ともいえる、すばらしい絵本でした。それは、けして有名ではない宮沢賢治の「旭川。」という詩に、旭川に生まれ育ったあべさんが、新たな命を吹き込んだようでした。
この日は、元飼育係であり、たいへんな読書家でもある、あべさんならではの視点で、宮沢賢治を読みといていただきます。
あべさんファンも、宮沢賢治ファンも、動物好きも、ぜひ聞きにいらしてください。
会場には、特別に『宮沢賢治「旭川。」より』の原画も展示する予定です。どうぞお楽しみに!
b0219235_17565715.jpg

さかした
[PR]
by merry-events | 2015-05-15 18:00 | Event

BOOK A BOOk A・BOOK   ブカブカ・ブック

b0219235_16312524.jpg

b0219235_16321287.jpg


只今喫茶では堀川理万子さんの「磁土でつくる本のオブジェ」の展覧会が開催中です。
とても本が好きだという堀川さん。本の帯にも一工夫、ユーモアがあります。
30点の本をもとに創造したオブジェは、ひとつひとつに細かい細工がしてあり、
ずっしりとした存在感があります。これはぜひとも生でみていただきたい作品です。
いろんな角度から楽しめます。
普段、絵を飾ることの多い喫茶の壁も、やきものを飾るとまた違った味わいになりました。

会期は~5/20(水)10:00~19:00  最終日17:00までです。
運がよければ、ご本人にお会いできるかもしれませんよ!ぜひお立ち寄りください!

(ミズカミ)
[PR]
by merry-events | 2015-05-11 16:39 | Tea room

飛ぶ教室

先日、童話塾生の糸畑くみさんから「『飛ぶ教室』に佳作で入選しました!」と、うれしいお電話をいただきました。
『飛ぶ教室』というのは、児童文学の専門誌で、今江祥智さん、河合隼雄さんらが編集人となり、1981年に発刊されました。児童文学の世界を広げ、多くの作家を生んできた、すばらしい雑誌です。一度は休刊したものの、10年前に復刊し、今も子どもと文学への熱い想いを伝え続けてくれています。その復刊10周年号に、糸畑さんは佳作入選したというわけなのです。そして、選者である今江祥智さんの最期の選評をいただいていました。この偶然のめぐりあわせは、私たちにとって、特別な喜びでした。メリーゴーランドの童話塾は、新しい書き手の生まれる場所を!という今江さんの言葉でスタートしたのです。それから21年、何人もの作家が誕生し、今も作家の卵たちが、デビューを目指して書き続けています。
今江さんに育てられたメリーゴーランド。当分その背中には追いつけませんが、「まだまだ頑張りなはれや。見てまっせ。」と、空の上から言われているような気がしてなりません。
b0219235_18374344.jpg

[PR]
by merry-events | 2015-05-10 18:40 | BOOKS